世界のガラス
ホーム > 琉球ガラスについて > 世界のガラス

世界のガラス

ローマングラス

紀元前1世紀、ローマ帝国のフェニキアで、宙吹きと呼ばれる製造法が発明されました。
それ以前ではガラスはとても貴重なもので王家の室内をかざる装飾品として用いられませんでしたが、宙吹きとよばれるガラス製造でガラスが大量に生産され食器としてガラスが発展していくのです。

ヴェネツィアン・グラス(イタリア)

世界で最も格式のあるガラスはヴェネツィアン・ガラスではないでしょうか。
そのガラスの特徴は高い技術力がいかんに発揮された装飾性です。
「軽業師の妙技」と呼ばれ世界中のガラスファンから愛されている所以です。

ヴェネツィアン・ガラスの誕生は、1300年ごろ中世ヴェネツィア共和国(イタリア北東にあった国です)が、その当時大変貴重とされていたガラス製品を生産したころまでさかのぼります。

しかし、そのころヴェネツィア共和国では元々ガラス製造がなくローマで気付かれてきたガラスの技法をとりいれ、ガラス職人をヴェネツィアに移し他国へ販売することで技術の発展をとげてきました。

ヴェネツィア共和国ではガラスの原料が乏しくこのため諸外国でガラス製品がつくられることへの懸念と技術力の漏洩をおそれなんと、1291年にガラス職人とまたその家族をムラーノ島へ強制移住させるのでした。

島から脱出するものには厳しい罰を与えその変りに島で頑張る職人へは莫大な褒美をあげるなど、閉ざされた壁のなかで技術力が格段に向上したのでした。

15世紀から16世紀にかけてその栄華は極め世界でも屈指の技術力に世界の貴族は魅了されたのでした。
ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」はムラーノ島から連れ出された12人の職人が作成したと言われています。

現在でもムラーノ島では多くの工房が現存し、世界を魅了した高い伝統技術を親から子へとその島で引き継がれています。
職人としてヴェネツィア共和国時代に強制されながらもその美意識のなかで、忽然とグラス製作に没頭する職人を世界中の人はマエストロと呼び評価されています。

またヴェネツィアン・グラスのことをイタリアではムラーノグラスと呼ばれています。

ボヘミアガラス チェコ

ボヘミアガラスの歴史は、10世紀頃現在のチェコの西部に位置するボヘミア帝国で誕生します。

13世紀に入るとボヘミア帝国では、ヨーロッパにおける地理的条件をかねそえてガラス技術が向上し、大聖堂などのステンドグラスも作られるようになります。

14世紀後半にはステンドグラスが最盛期を向かえ多くの作品が作られましたが、度重なる戦争で、そのほとんどが失われてしまいました。

またカットグラスの誕生は、ボヘミアガラスをぬきにしては語れません。
17世紀、プラハの宝石カッティング職人が、銅やブロンズ製の回転砥石で宝石をカットする技術をガラスに適用することを思いつき、それ以降、バロック様式の装飾的なガラス細工が世に知られるようになりました。

あの世界中のガラスファンを魅了してやまないスワロフスキーも、ボヘミア地方のガラス職人ダニエル・スワロフスキーによって、生み出されました。

乾隆ガラス(けんりゅうガラス)

1700年頃に中国の清代(年代)に製作たガラス製品の総称です。
大帝と呼ばれた乾隆帝の年代(1736~1795)の頃に作られたものが、特に優れていたことから「乾隆ガラス」と名が付きました。

現在ではその技法は引き継がれていなく現存する乾隆ガラスは、美術品など一部のガラス愛好者の間で取引されています。

世界のガラス史の中でも、乾隆ガラスは極めて特異な技法と格式を生み出したことで知られています。
宮廷の保護を受けた事も技術と格式が独自の発展を遂げたと考えられています。

乾隆ガラスの最大の特色は、素地となるガラスの上にさまざまな色のガラスを重ねるため、長い時間と技術が必要とされます。その美しさと繊細さは世界中で珍重され、
19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動であるアールノーボー期のガラス工芸にも影響を与えたとされています。